Menu

スロットマシーンの起源


初めてのスロットマシーンはアメリカで誕生しました。その歴史は1870年代にまでさかのぼります。

前身となるコイン式のマシーンは、アメリカのパブで遊ばれていた、コインで稼働する競馬ゲームであるようです。その後、複数の回転輪を持つリール式のスロットマシーンが登場しました。1890年代には、輪が停止したときの絵柄の組み合わせで結果が決まるという、現代と同じシステムのスロットマシーンが遊ばれていました。当時は、当たりが出たらスタッフに知らせ、葉巻やビールなどの景品をもらう仕組みでした。

1898年に、当たり外れの結果判断と、賞金の払い出しが自動でできるリールマシーンが初めて誕生しました。これが大ヒットし、スロットマシーンのシステムを決定づけるものとなりました。このマシーンの基本的な設計は、現代でも変わっていないそうです。

1982年、それまで機械的な仕組みで動かしていたマシーンを電子コンピューターで操作するバーチャルリール理論が誕生しました。この理論を実現したのが日本のユニバーサル社で、バーチャルリールによって作られたマシーンをラスベガスに初めて設置しました。これにはステッピングモーターという同期電動機が組み合わせられており、ステッピングモーターとバーチャルリールによるマシーン設計は、現在でもすべてのスロットマシーンに使われています。

つまり、現在世界中で使用されているスロットマシーンのシテムの起源は日本だと言えるでしょう。この後、スロット業界ではビデオスロットが台頭していきますが、その詳細はビデオスロットについての記事をご覧ください。