Menu

VRを搭載したスロットゲーム


VR(バーチャルリアリティー)は、専用の装置を利用して二次元の映像や画像を三次元で体感できる疑似体験を可能にする技術です。近年、世界中で開発が行われており、VRを使用した映像視聴やゲームプレイが大きな注目を集めています。

そんなVRがなんとスロットゲームにも導入され始めました。ゲーム関連のグローバル企業、NetEnt社が、初のVR式オンラインスロットゲームを2017年に発表したのです。

このゲームでプレイするには、VR専用のゴーグルが必要となります。このゴーグルにはセンサーとディスプレイがついており、特殊なレンズを通して映像を見ることにより、立体的な視界が再現されます。現在では多くのゴーグルが発売されており、値段も低価格帯から高級価格帯までさまざまです。

専用のゴーグルを着け、動画を視聴すると、360度動画の世界に囲まれた体験ができます。動画を触ると視点を変えることができ、まるで本当にゲームの中に入りこんでしまったかのような感覚が味わえます。滑らかにいきいきと動くキャラクターたちと一緒にゲームを楽しめる、これまでにないスロットゲームです。

また、このゲームはアプリのダウンロードなども必要なく、ウェブブラウザだけでVRゲームが楽しめる仕様となっており、ユーザーの利便性もよく配慮されています。使い方もカジノにログインしてVRタブを押すだけで始められるというシンプルさです。

今後、オンラインカジノではこのようにVRを搭載したゲームが他にも出てくる可能性が高いでしょう。ライブカジノにもVRが導入されるかもしれず、可能性は無限大です。