Menu

「スロットの規則」って何?


◇スロットの規則についての概要。

スロットは射幸心を煽ってユーザーの利用を促すようになっている性質上、他のカジノゲームよりも規制がかなり厳しくなっている点が特徴です。これはパチンコやパチスロなどにも同様に言えることで、例えばあたりが出たときに放出されるコインの数を調整する必要があります。極端に大量のコインを放出してしまうと、結果的にのめり込んでしまうプレイヤーが増えてしまい結果的にスロットで自己破産してしまうこともあるのです。カジノ依存症などの症状に発展してしまうこともあるので、行政はこの問題に対処するためにもスロットやパチンコなどには適切な規則を設定することが重要であるとしています。もちろん放出するコインの数だけでなく、演出についても規則が厳しくなってきています。ネオンライトの光度や点滅の加減、発生する音量など過剰な演出によってユーザーがのめり込まないようにするためにもスロットには専用のガイドラインまで用意されているのです。これらはすべて風営法によって定められています。年々、これらのルールが厳しくなっている一方でカジノの利用者が少なくなっている傾向からスロットの開発会社ではルールと利用者の双方に対応した開発に追われているのが現状です。規則の厳重化によってスロット開発から撤退した企業も存在します。もちろん規則の制定によるメリットも存在しており、制限された演出や配当を逆手に取ることによって成功している開発企業も存在しているので、一概にこれらの問題が悪いとは言えないでしょう。

◇スロットの6.0号機の規則について。

最新のスロットの新規則であり従来の物とは違って一回のあたりで、放出されるコインの枚数が調節されている一方で演出面での表現が一定のレベルで認められるようになりました。結果的に演出は派手になりましたがコインの放出枚数が少ないのでお金を目当てでプレイするプレイヤーが少なくなった点が特徴です。

◇スロットの5.9号機の規則について。

このスロットの規則は、演出が制限されている一方で、一度のあたりで放出されるコインの枚数がかなり増えています。そのためお金を目当てでプレイするプレイヤーが増えてしまい、結果的にスロットで自己破産してしまうプレイヤーを増やしてしまう原因になりました。行政はこの問題に対処するためにも新しいルールを用意して演出の制限を緩和して、放出するコインの枚数を制限することによって現在のようになったのです。

◇スロットの5.5号機の規則について。

この機種の特徴は、長時間でのプレイを目的としたプレイヤー向けに作られたものであり、スロットの利用に必要なコインの枚数が少なくなっている点が特徴です。他にも当選したときの倍率が少なくなっている点から、お金目当てでプレイするプレイヤーが少なくなっている傾向にあります。時間が限られている方が短期間で一気に稼ぎたいと考えているのであれば別の機種を活用したほうが良いでしょう。もちろんこの機種のメリットは、種類が豊富であるという点があります。少ない掛け金で長時間プレイできる特徴から、参入障壁が少なく企業も低リスクで開発できる点から、お金目当てよりも遊戯目的での利用を想定して開発されています。

◇初心者におすすめのスロットについて。

初心者の方は自分がスロットに何を求めているかでプレイする機種を選んでいくことが重要です。お金を稼ぎたいのであれば演出よりもキャッシュが多いタイプの機種を活用していくと良いでしょう。日本の実店舗に設置されている機種の殆どは上記の3種類で、上記の機種よりも高い配当と豪華な演出を求めている方には海外のカジノを利用したほうが良いでしょう。海外のカジノであれば日本の法律は適用されないので、より楽しみたい方は海外のカジノに通ってスロットをプレイすることを推奨します。他にもオンラインカジノサイトを利用する方法もおすすめです。オンラインカジノサイトでは国外での運営になっているので、日本国内のスロットよりも自由度の高い機種がプレイ可能です。ただし国内でのオンラインカジノサイトの利用は違法になってしまうケースもあるのでプレイするゲームの種類には十分注意しましょう。最近ではスマートフォンがあれば気軽にスロットゲームのプレイが可能になっており、日本の物とは違って人気アニメやゲームキャラクターとのコラボ展開はありませんが、ボーナスや高倍率設定など様々な特典がある点が特徴です。そのため単純にお金を稼ぎたいだけであれば高配当で演出も豪華なカジノサイトを利用していくと良いでしょう。以上のことからスロットの利用の際には単純にゲームとして楽しみたいのか、お金を稼ぎたいのかをよく考えて選択することが重要です。時間が限られた状態でゲームをプレイしたいのであれば掛け金の高いタイプの機種がおすすめできます。逆にゲームとして長時間プレイしたい場合は掛け金の少ないタイプを選びましょう。