Menu

スロットの攻略法で勝てるのか?


スロットの攻略法、よく見かけますが実はスロットには攻略法はないのです。パチスロであればいわゆる目押しなどで7やBARを揃えたりもできるかもしれませんが、パチスロ スロット とは違い、オンラインカジノスロット及カジノスロットにおいては攻略法は存在しません。

驚かれましたか?

なぜ攻略法がないのか?

ゲームプロバイダーがオンラインカジノやランドベースカジノ へゲームを配給する際に、第三者監査機関というところで厳密に監査を受けなければなりません。この監査機関の審査を通過するにはRNG(乱数発生器)の設置がマストだからです。

この乱数発生器は通称「ジェネレーター」と呼ばれており、うん万回の細かい設定がされているのでプレーヤーがこれを操作するどころか、カジノサイドもこれを操作するのは「違反」となるどころか、カジノ自体が摘発されてしまう恐れがあるのです。

スロットで不正?

上記で記述したように、スロットで不正を働くことは不可能です。スロットのみでなく、オンラインカジノに設置してあるテーブルゲームなどにおいても、不正ができないように監査機関より厳密に検査されています。この監査機関、果たして全てのオンラインカジノにおいて、利用されているのか?答えは、

はい。

です。この監査機関を通していないカジノゲームを利用ているカジノサイトは、ライセンスがおりません。ライセンスが下りないどころか、万が一、そのようなカジノゲームを設置していれば、ライセンスがすぐに剥奪され、カジノ自体の運営が滞ってしまいます。

第三者監査機関とは?

ギャンブルの公平さ、安全性、信頼性を監査する期間です。カジノライセンスを発行している期間とは別に、独立した機関となります。ここでは、公平なゲーム機であるか?または公平なゲーム機を設置しているのか?プレーヤーへのサービス、その他安全、公平さ重視で厳密に検査をします。

このマークを見かけたことはないでしょうか?

これは、eCOGRA (イーコグラ/eCommerce and Online Gaming Regulation and Assurance)のマークで、イギリスの監査機関となっていますが、この他にも

オンラインカジノのサイト下降部へ記載されていることが多いのでぜひチェックしてみましょう。
この他にもTST (テクニカルシステムズテスティング/Technical Systems Testing)などもあります。必ずどこか一つ監査機関を通していないとオンラインカジノは運営が不可能ですので、まずは登録する前にチェックしてみるのが良いでしょう。