Menu

ビデオスロットの誕生


ビデオスロットとはアナログスロットに対しすべてをオートマティックに行えること、またビジュアル面の性能がより良いことに特徴があります。

最初のビデオスロットマシンは1970年代後半に、ビデオゲームの人気が高まっている時に生まれました。ディスプレイ上で回転する絵柄をビデオ化したもので、当初は最新のゲーム機として親しまれていましたが、やがて人気は次第に凋落していきました。

2000年前後には、IT技術の発展により、より質の高いコンピュータグラフィックで作成されたゲームや、その他の機能が導入されるようになり再び人気を取り戻しました。

ビデオスロットの特徴

アナログのカジノスロットマシンは入金し、スタート・ストップを押すという手順が必要ですが、現在のビデオスロットではそれをすべて自動で行ってくれます。また掛け金の額やペイラインの調整も、同じ台で設定することができます。

また、ディスプレイ上でもアナログスロットとは大きな違いがあります。精巧なグラフィックを使ってより複雑な絵やデザインが可能になり、また動画を入れてより動きを出し、エンターテインメント性の高いゲームを演出することができます。

その最たるものが、現在市場が急速に広がっているオンラインカジノでしょう。もはやカジノに行く必要もなく、自宅や外出先からスロットやその他のゲームを楽しめます。また、本当のビデオゲームのようなクオリティの美しいグラフィックを楽しめるのに加え、キャラクターが動いたり、合間にミニゲームがあったりと、多様な楽しみ方を提供しています。