Menu

Jammin Jars(ジャミン・ジャーズ)


Push Gaming社が配信する、最近話題の爆発型オンラインカジノスロット 「Jammin Jars(ジャミン・ジャーズ)」。ゲームのぷよぷよを連想してしまうゲーム構成で、2018年に配信が開始された8リール×8、ペイアウト率96.8%のパズル型のスロットです。スピンボタンを押すと、合計64個の図柄がスクリーン上に落ちてきます。縦もしくは横方向に同じ絵柄が5つ揃うと、消去されていき、上からさらに新しく絵柄が落ちてきます。

ゲームタイトルのJammin Jars(ジャミン・ジャーズ)は、ジャムの瓶という意味で、ゲーム自体もいちご、オレンジ、ラズベリーなどの絵柄で構成されています。パチスロとは違う、ゲーム感覚のゲームです。

ジャムの瓶とその他の絵柄

7色のジャムの瓶はWILD絵柄となり、この絵柄を交えた小役成立となるとマルチプライヤーが、×2、×3、×4と1ずつ増えていくのです。当たれば当たるほど、倍率が上がっていくので基本のプレイに置いても、高配当が狙える機種です。ジャム瓶同士の距離が近ければ近いほど、マルチプライヤーもどんどん跳ね上がっていきます。

このジャムの瓶は別名「ネバネバワイルド瓶」と呼び、WILDにもスキャッター絵柄にもなり、フリースピン開始時にスクリーン上に停止したままになります。3つ揃えばフリースピンに突入します。基本のフリースピンは6回と少なめの設定ですが、マルチプライヤーの連鎖がどんどん膨れ上がる可能性が高く、20倍を超えることもあります。この1撃でかなりの高配当が狙えることから「爆発型スロット」といわれています。

0.4USDベットで、オレンジ絵柄が5つ揃った場合の配当は、0.20USDでベット額の0.5倍の配当金となります。そして、いちごが30個揃った場合には、25以上ですので表の25+のところを参考にします。この場合の配当金は、40USDとなりますので、100倍の配当金ということになります。

セカンドチャンス

何も絵柄が揃わず、配当が怒らなかった場合に突然ドラムロールが流れ、画面全体が光りスポットライトの演出が激しくなることがあります。そのまま次のスピンへ進む時もありますが、演出が続いて七色の虹が上から下へと流れる「レインボーフィーチャー」が誘発される時もあります。大きなフルーツ柄があらわれ、「レインボーフィーチャー」の大連鎖のきっかけになってくれます。


パチスロ スロット 違いゲーム感覚のこのゲームは、ぷよぷよやテトリスに似たゲームといえます。
賭け金の20000倍までのマルチプラーヤーが、超高配当へと導いてくれます。ジャックポット機種はまだ、という人はここから始めてみては?