Menu

RNG(乱数ジェネレータ)とは? 


カジノスロット で遊んでいて、「本当にイカサマはないのか?」と、考えたことは誰にでもあることだといえます。カジノにおけるビデオゲームのほとんどには、RNGという乱数ジェネレータが搭載されており、別名、ランダムナンバージェネレータ、乱数発生器、乱数生成器とも呼ばれています。RNGは”ランダムナンバージェネレータ”の英語表記の略語となります。

ほとんどのオンラインカジノで、起用されているゲームプロバイダのゲームは、Technical Systems Testing(TST)やStatens Kriminaltekniska Laboratorium(SKL)の監査機関が介入しており、ゲーム機に不正がないか、またはスロットをはじめとするゲームに、RNGが搭載されていて機能しているか?等を厳重に審査が行われているものを配信しているといえます。
このような監査機関が入ることで、乱数をどうやって生成しているか、生成した乱数を加工していないか等のプログラムレベルまでを、念入りに調査することが可能で、ゲーム機の透明性を保証することが可能となります。

 

RNGの驚くべく働き

スロットゲームをプレイするとRNGが動き出し、この時に生成する乱数は、1~4,294,967,295と言われています。1リールにつき基本1つの乱数が生成されていきます。RNG(乱数発生器)によって定められた図柄の組み合わせは、リールをスピンさせた時点で決められているため、何らかの理由でエラーが発生したとしても、出てくる図柄は変更されることがありません。

RNGは、スロットのみでなくビデオルーレットやその他のビデオテーブルゲームでも活用されています。カジノのジャックポット機種を含むスロットやブラックジャック、ルーレットなどのゲームの出目はRNGによって正確にコントロールされています。

 

Technical Systems Testing(TST)

ゲームのデータに不正がないかをチェックするために以下のような厳しいテストを実施している監査機関です。

  • ゲームソフトのハードウェア機能公平テスト
  • RNG(乱数発生装置)試験
  • データバックアップチェック
  • 顧客管理システム(バックオフィス)の検定

Technical Systems Testing(TST)は本来、ランドカジノにおけるスロットマシンの検査や、アメリカのロトを専門的に監査する機関でした。この期間の監査はとても厳しいことで有名ですので、オンラインカジノで配信しているゲームに対し、この期間の監査が入っているということは、「安心して遊んでも良い」という目印だと思われても間違いありません。

 

Statens Kriminaltekniska Laboratorium(SKL)

スウェーデンの政府系警察機関で生物学・薬学・化学・技術・ドキュメンテーション等のあらゆる分析解析証明を行っています。The chemical and technical unit(化学・技術部門)において、カジノゲーミングのRNG検査も行なっている、ベテラン中のベテラン機関です。

 


RNGの監査機関がものすごいと理解していただけましたでしょうか? オンラインカジノゲームの安全性をどこで見極めるかを理解した上で遊ぶことで、気持ちよくギャンブルに挑むことができます。